恋愛小説ランキング

これ・↑・ポチってしてね


FC2ブログ

ps. I love you #448 『頭のねじが・・・』



#448 『頭のねじが・・・』





“神奈川県・横浜みなとみらい” に住んでる大学同級生のワタシの彼……超お茶目。

って言ぅかぁ、“超天然” って言ぅかぁ、“超能天気” って言ぅかぁ・・・。

つーまーり~~~、

頭のねじが一本欠けているのね。

で!?

それに気付いたのは……付き合い始めて直ぐの事。

携帯でのこんなやり取りで。

あ!?

因(ちな)みにワタシは東京は渋谷と原宿の中間ぐらいに住んでます。

で!?

こんなやり取り。

「アタシ、今日。 行きつけの美容院、行く予定」

「ツインテールな」

「え!?」

「オマエのポニーテール可愛いんだヶど、ツインテールも見てみたいから。 結んだ所(とこ)から下、ストレートじゃなくってフワフワにするヤツ」

「そっかー。 ツインテールかぁ。 ・・・。 そぅだね。 美容師さんと相談してみるね」

「オゥ!? 相談してみな」

「ウン」

「ところで行きつけの美容院って何処(どこ)にあんだ?」

「お家の近くだょ」

「お家の近くって?」

「渋谷駅のそば」

「遠いじゃね」

「え!?」

「渋谷だろぅ? 遠いじゃね」

「・・・」

『た、確かに遠いぜ、横浜からは・・・』

コレが始まり。

彼ったら判断は何でも自分が基準。

初めての時はチョッと驚いて、

『この人、頭ダイジョブ?』

って思ったヶど、慣れると結構、そこが可愛かったりして・・・。

チョッと母性本能を・・・。

ってね、テヘッ。

で!?

そんな彼……春休みでもあり、法事で家族と九州に帰省中。

その彼とワタシ、今日も又、携帯でお喋り。

「昨日ねぇ、アタシ、お家の近くにワッフルの超美味しいお店見付けちゃったぁ」

「フ~ン。 ワッフルねぇ」

「ウン。 だから今日、ママと一緒に食べに行くんだょ」

「ホ~ン」

「どぅだ、羨ましいだろぅ? 田舎にゃないもんなぁ、ワッフルの超美味いお店な~んて」

「あぁ、ねぇょ。 ヶどなぁ。 コッチは海ちけぇから魚が超うめぇんだぜ。 新鮮だし安いし。 コッチ来たら毎日(まいんち)寿司ょ。 どぅだ、羨ましいだろぅ?」

「ウッ!? ア、アタシがお寿司大好きなの知ってて。 何だ、その言い草は!?」

「オマエだろぅ、先に言い出したのは? 何、勝手な事ほざいていやがる」

「・・・」

「まぁ、良(い)い。 ところでそのオマエん家の近くのワッフルの店って何処(どこ)にあんだ?」

「原宿。 竹下通りだょ」

「な、なーに~? 原宿~? 原宿だと~?」

「ウン」

ここでいつもの “あの” 一言・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「遠いじゃね」







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コマル

Author:コマル
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ほうもんしゃ
えつらんしゃ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる