恋愛小説ランキング

これ・↑・ポチってしてね


FC2ブログ

たっくん家(ち) #753 『ラッコの体重』



#753 『ラッコの体重』





【登場人物】

たっくん・・・日本の素直な男の子

担任の先生

超大物ゲスト

ヨッチャン・・・たっくんのお友達の女の子





ある日の授業・・・


その日は生き物についての授業だった。
たっくんのクラスの担任の先生が言った。

「みんなは、ラッコを知ってますか~?」

「ハ~ィ! 知ってまーーーす!!」

たっくんたちが元気に返事をした。
先生が続けた。

「じゃぁ、ラッコが一日にどのくらいの量、食べるか知ってるかな~?」

「知ってませーーーん!!」

「そうか~、知ってないか~?」

「ハ~ィ!!」

「じゃぁ、教えて上げよう。ラッコはねぇ、一日に自分の体重の四分の一の量を食べるんだょ~」

瞬間、

たまたまこの日、たっくんのクラスに授業参観に来ていた我らが菅直人(かん・ちょくと)大先生が大声を上げた。

「何でラッコは! 自分の体重を知ってるんだ!?」


(シーーーン)


ここでたっくんが隣に座っていたヨッチャンにソッと囁(ささや)いた。

「大先生、相変わらずバカだね。ククククク」

「うんうん。 相変わらずだね。 ククククク」

「ククククク」

「ククククク」

「テヘッ」(大先生)




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#753 『ラッコの体重』 お・す・ま・ひ







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コマル

Author:コマル
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ほうもんしゃ
えつらんしゃ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる