小説(その他)ランキング
小説(その他)ランキング

これ・↑・ポチってしてね


アリスのお家 クスッと来たら管理人の勝ち #284 『岡ピー・もうチッとで大先生物語/最後の晩餐+』
fc2ブログ

アリスのお家

創作お話作ってます。。。

クスッと来たら管理人の勝ち #284 『岡ピー・もうチッとで大先生物語/最後の晩餐+』



#284 『岡ピー・もうチッとで大先生物語/最後の晩餐+』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.12.04 Sunday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

岡ピー・もうチッとで大先生・・・本名・岡田㌧克也  ここに来て、実はバカだったんだという事がばれてしまった中者界の超大物政治家で罠侵盗元盗主

岡ピー・もうチッとで大先生の担当記者





ここに来て、実はバカだったんだという事がばれてしまった我らが中物界の超大物政治家で民疹盗元盗首、あの岡ピー・もうチッとで大先生。
禅譲したレンコン新執行部は果たして大丈夫か?


ある日・・・


その岡ピー・もうチッとで大先生が担当記者と、ある絵画の写真を見ながら国会議事堂で立ち話をしていた。
その絵画はレオナルド・デカプリオ 否 レオナルド・ダ・ヴィンチ作の、あの世界的名画の『最後の晩餐』だった。
もうチッとで大先生が記者に聞いた。

「この絵に描かれている食べ物はとても質素だが、何でだろうか?」

「それは彼らが貧しかったからです」

「なーに~? 貧しかった~? 貧しかっただと~? 嘘吐けー!?」

「ん!? 何で嘘だと?」

「だって、そんな貧しい連中がダヴィンチのような超高名な画家に、こんな高価そうな絵を描くよう頼める訳ないじゃないかぁ」

「・・・」

たまたま国会見学に来ていてこのやり取りを目の当たりにしたたっくんが、一緒に来ていたヨッチャンにソッと耳打ちした。

「ねぇ、ヨッチャン」

「な~に、たっくん?」

「もうチッとで大先生。 相変わらずだね」

「死ななきゃ治んないんだょ」

「うん。 だね。 ククククク」

「うん。 だょ。 ククククク」

「ククククク」

「ククククク」

「ウホッ!?」(岡ピー)




【注】

たっくん・・・日本の素直な男の子  当ブログ『たっくん家(ち) http://00comaru.blog.fc2.com/blog-category-17.html 』の主人公

ヨッチャン・・・たっくんのお友達の女の子




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#284 『岡ピー・もうチッとで大先生物語/最後の晩餐+』 お・す・ま・ひ







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://00comaru.blog.fc2.com/tb.php/6041-4743150a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

アリスのニャンコ

Author:アリスのニャンコ
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (0)
p.s. I love you (559)
アリスのお家 (111)
ショート・ショート・ショート「セピア色した白い本」 (103)
アリスのニャンコその名は“ポチ” (39)
『 Rick's Cafe Tokio 』 (19)
『奥村玄龍斎ジャー! 文句あるかー!?』 (25)
未分類 (68)
『奥様は魔女っ娘』 (34)
『ミルキー・ウェイ』 (22)
『怨霊バスター・破瑠魔外道』 (150)
妖女 (378)
君に読む愛の物語 (50)
死人帖 (211)
進撃のポチ Part1 (511)
進撃のポチ Part2 (501)
進撃のポチ Part3 (1044)
進撃のポチ Part4 (47)
たっくん家(ち) Part1 (506)
たっくん家(ち) Part2 (322)
クスッと来たら管理人の勝ち (371)
男と女 (24)
深大寺 少年の事件簿 (85)
タイタン2011 (90)

ほうもんしゃ

えつらんしゃ

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

designed by たけやん