恋愛小説ランキング

これ・↑・ポチってしてね


FC2ブログ

進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1890 『バスの停車ボタン④+』



#1890 『バスの停車ボタン④+』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.08.30 Tuesday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

お婆ちゃん

バスの運転手

菅直人(かん・ちょくと)大先生・・・超大物政治家  但し、アホ

たっくん・・・日本の素直な男の子  当ブログ『たっくん家(ち) http://00comaru.blog.fc2.com/blog-category-17.html 』の主人公

ヨッチャン・・・たっくんのお友達の女の子





ある日・・・


ポチがバスに乗っていた。
すると隣に座っていたお婆ちゃんが停車ボタンを押した。
しかし、何度押してもピンポンという音がしなかった。
そのままではバスは次の停留所で止まらない。
見かねたポチが運転手に近寄り、耳元で囁いた。

「ピンポーン」

即座に運転手が反応した。

「愛ちゃん、負けました」

「え!?」

その運転手は岡ピー・もうチッとで大先生だった。




しか~~~し、

この運転手さんがもし、我らがお茶目なアホ、あの菅直人(かん・ちょくと)大先生だったらこうなる。


ある日・・・


ポチがバスに乗っていた。
すると隣に座っていたお婆ちゃんが停車ボタンを押した。
しかし、何度押してもピンポンという音がしなかった。
そのままではバスは次の停留所で止まらない。
見かねたポチが運転手に近寄り、耳元で囁いた。

「ピンポーン」

即座に運転手が反応した。

「愛ちゃん可愛いヶど、ワタシは美人の佳純の方が好きだ!!」

「・・・」

バスにはたっくんも乗っていた。
そしてこの光景を見て、一緒に乗っていたヨッチャンにソッと耳打ちした。

「ねぇ、ヨッチャン」

「な~に、たっくん?」

「やっぱ、大先生は破壊力が違うね。 ククククク」

「うんうんうん。 破壊力が違う、破壊力が違う、破壊力が違う。 ククククク」

「ククククク」

「ククククク」

「お、おぅ!?」






突然ですが⁉


見よ!! この破壊力の差!! ・↓・