恋愛小説ランキング

これ・↑・ポチってしてね


FC2ブログ

進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1878 『瀕死+』



#1878 『瀕死+』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.08.24 Wednesday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人

神様

たっくん・・・日本の素直な男の子  当ブログ『たっくん家(ち) http://00comaru.blog.fc2.com/blog-category-17.html 』の主人公

ヨッチャン・・・たっくんのお友達の女の子





ポチはいつの間にか外科医になっていた。
しかも誰もが認める名医として世界中にその名が知れ渡り、神の手を持つネコと謳(うた)われ、称賛されるまでになっていた。


ある日・・・


コマルが瀕死の重症を負い、ポチの病院に入院した。
天国からこれを見ていた神様が甚(いた)く心配し、コマルを見舞った。
その丁度帰り際、ポチがやって来た。

「オゥ! 神様!? 来てたんか?」

「ウム。 コマルが心配でのぅ。 じゃが、妙なのじゃ」

「何がだ?」

「あぁ、コマルなんじゃがな。 最初ワシが枕元に立った時、青色吐息で今にも死にそうじゃったんじゃが」

「フム」

「どうした事か? ワシが祝福を与え終え立ち去ろうとその場を離れた瞬間コマルのヤツ、たちまち息を吹き返し、突然、元気になったのじゃ。 ワシも長い事神様をやっとるが、こんな事は初めてじゃ。 一体どういう事じゃ?」

「まぁ、アンタは初めてだろうな。 でもそんな事はここじゃ、しょっちゅうだぜ」

「と言うと?」

「あぁ。 時々、酸素吸入器のチューブを踏むバカがいるんだ」

「・・・」

このやり取りを、たまたま病気で入院して隣のベッドで寝ていたたっくんが聞き、お見舞いに来ていたヨッチャンにソッと耳打ちした。

「ねぇ、ヨッチャン?」

「な~に、たっくん?」

「今の聞いた?」

「うん。 聞いた」

「神さまって、意外とバカなんだね」

「うん。 だね」

「ヶど、チョッと可愛いかも。アハハハハ」

「うん。 チョッと可愛い可愛い。アハハハハ」

「アハハハハ」

「アハハハハ」

「ウホッ!!」(神様)




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1878 『瀕死+』 お・す・ま・ひ







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コマル

Author:コマル
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ほうもんしゃ
えつらんしゃ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる