恋愛小説ランキング

これ・↑・ポチってしてね


FC2ブログ

進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1756 『ぼっくは泣いちっち+』



#1756 『ぼっくは泣いちっち+』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.03.18 Friday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

菅直人(かん・ちょくと)大先生・・・超大物政治家  但し、アホ

大先生の秘書

タクシーの運ちゃん

たっくん・・・日本の素直な男の子  当ブログ『たっくん家(ち) http://00comaru.blog.fc2.com/blog-category-17.html 』の主人公

ヨッチャン・・・たっくんのお友達の女の子





ある日・・・


我らが超大物政治家、あの菅直人(かん・ちょくと)大先生が盛んにぼやいていた。

「何でみんな、僕の事をバカだバカだって言うんだー!!


  ♪ ぼっくは

    泣いちっち・・・

    よっこ向いて

    泣いちっち ♪

  https://www.youtube.com/watch?v=O_8vnblfDMo


ホントに泣いちゃうぞ~」

これを聞いた大先生の秘書が慰めた。

「否、大先生。 大先生は決してバカなどではありません」

「ホント?」

「はい。 大先生をバカにする連中がバカなんです。 その証拠をお見せしましょう。 どうぞ私について来て下さい」

そう言ってその秘書が大先生を事務所から表に連れ出した。
それからタクシーを呼び止め、大先生と一緒に乗り込み、運転手にこう告げた。

「大先生のご自宅まで頼むょ。 こちらに居(お)られる大先生がご自宅にいらっしゃるかどうか知りたいんだ」

運転手はこの言葉を全く不思議がらずに二人を大先生の自宅まで運んだ。
タクシーを降りてから秘書が大先生に言った。

「ご覧の通りです。 彼のバカさ加減がお分かり頂けたでしょ。 みんなあんなもんなんです」

「うん。 ありがとう。 良く分かったょ。 でもさ~。 こんなまどろっこしい事しなくったって、事務所にいるワタシが自宅にいるかいないかなんて電話すれば分かっちゃうじゃないか」

「・・・」

たまたまその場を通り掛ったたっくんが大先生のこの言葉を聞き、一緒にいたヨッチャンにソッと耳打ちした。

「ね。 やっぱりバカだろ?」

「うん」

「ん?」(大先生)




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ  ピー ヒャララ~

ドドンガ  ドーーーン

チャカチャンチャン  チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1756 『ぼっくは泣いちっち+』 お・す・ま・ひ







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コマル

Author:コマル
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ほうもんしゃ
えつらんしゃ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる