恋愛小説ランキング

これ・↑・ポチってしてね


FC2ブログ

進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1726 『バーボン一杯2』



#1726 『バーボン一杯2』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.02.28 Sunday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人







ある日・・・


コマルがみすぼらしい身なりで場末のバーにやって来た。
カウンターに着くとすぐにポケットから財布を取り出し、中身をカウンターに空(あ)けた。
百円玉一枚しか入っていなかった。
それを見せてバーテンダーに聞いた。

「これでバーボン一杯やれる~?」

「済みません。 それでは無理です」

「じゃぁさ。 アンタが納得するような珍しい物(もん)見せたら飲ませてくれる~?」

「物によりますね」

「あ、そう。 んじゃ」

そう言ってコマルが、背負(しょ)っていたリュックの中から一匹の猫を取り出してカウンターの上に置いた。
ポチだった。
そのポチにコマルが言った。

「悪(わり)ぃヶどポチ、一曲頼むょ」

「オゥ!?」

二つ返事でポチが店の隅にあったピアノの鍵盤の上に飛び乗り、四本の足を巧みに使ってベートーベンの『エリーゼのために』を引き始めた。
それを感心しながら見ていたバーテンダーが、

「あれならいいょ、一杯」

コマルにそう言ってコマルの前にグラスを置き、バーボンを注いだ。
それを旨そうに一気飲みしてからコマルが聞いた。

「もう一杯ダメかな~?」

「あぁ、いいですょ。 あの猫、どこで手に入れたか教えてくれたら」

「だったら簡単さ。 魔法のランプだょ」

「え!? ま、魔法のランプ!?」

「うん。 これ」

そう言って、コマルがリュックの中から古びた小汚いランプを取り出した。
それを指示しながら言った。

「コイツをこすって願いを言ったら、手に入ったんだ」

「わ、私もやってみていいですか?」

「うん、いいょ。 一杯くれたらね」

「お、お安い御用です!!」

嬉々(きき)としてそう言い、バーボン一杯と引き換えにコマルに手渡されたランプをこすり、バーテンダーが願い事を言った。
すると店中、猫だらけになった。
それを見て血相を変え、バーテンダーがコマルを怒鳴り付けた。

「ななな、何で猫なんだ!? こここ、この店一杯の金銀財宝を頼んだのにー!?」

「アンタ、分かってねぇな~」

「ななな、何をー!?」

「だから言ったろ~。 『コイツをこすって願いを言ったら、手に入ったんだ』 って」

「ん?」

ここでコマルがポチを指差した。

「どこの世界に欲しがるヤツがいると思ってんだ!? あんな小生意気な猫」

「え!?」

「オイラも同じ事やったんだ」

「・・・」

「ニャ~」




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ  ピー ヒャララ~

ドドンガ  ドーーーン

チャカチャンチャン  チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1726 『バーボン一杯2』 お・す・ま・ひ







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コマル

Author:コマル
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ほうもんしゃ
えつらんしゃ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる