恋愛小説ランキング

これ・↑・ポチってしてね


FC2ブログ

進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1557 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/コマル鑑識係になる -その2-』



#1557 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/コマル鑑識係になる -その2-』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2015.01.13 Tuesday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人

痛身憲一(いたみ・けんいち)・・・当ブログ『相方』シリーズの超主役  警視庁捜査一課熱血鬼刑事  愛称/イタミン

米沢牛守(よねざわぎゅう・まもる)・・・警視庁鑑識課の超敏腕巡査部長

杉下卑怯(すぎした・ひきょう)・・・警視庁特命係警部

岸屁一徳(きしへ・いっとく)・・・官房長官







「でね~」

コマルが話し始めた。

「官房長の岸屁一徳(きしへ・いっとく)さんに頼んじゃってさ。 ここの鑑識に配属してもらったんだ」

「・・・」

「どったの痛身さん? 顔色悪(わり)ぃじゃん」

「・・・」

まさかのコマルのカミングアウトに、驚きの余り言葉を失ってしまった痛身であった。


その時・・・


痛身はこう思っていたのだった。

『コ、コイツが・・・。 こ、こんなヤツがキャリアだなんて・・・』

それとこうも、

『す、杉下卑怯だけでも大変なのに、こ、こんなヤツまで来た日にゃ・・・』

って。。。


そして・・・


気を取り直して痛身が聞いた。

「オ、オマエがホントにキャリアなら・・・。 な、何で鑑識係なんだ? 何でそんなぺーぺーなんだ? アァ~ン?」

「あぁ。 それね。 いゃ~。 これまた、痛いトコ突かれちったね~。 いゃ~。 痛いトコを。 エヘヘヘヘ」

「・・・」

「実はね、痛身さん」

「何だ!?」

「オイラさ。 チョッとさ。 今まで悪さが過ぎてさ。 世の中お騒がせしちゃったじゃん。 だーかーらー。 そんでぺーぺーから」

「・・・」

「つー、まー、りー、出直しって訳。 分かった?」

「あぁ、分かった」

「でもさ。 ほとぼり冷めたら偉い人」

「ウッ!?」

「ま。 3年も辛抱すりゃぁ、警部かな」

「え!?」

「そしたら、捜一(そういち)行って上げっからね。 勿論、上司として。 カカカカカ」

「クッ!?」

ここで米沢牛の声がした。

「オーィ!! 有栖川呑屋ク~ン。 いつまでそこで油売ってるのかね~。 こっち来てチョッと手伝って~」

「ハ~ィ!!」

米沢牛に返事こいてからコマルが痛身に言った。

「んじゃ、オイラ仕事あっから。 又、ね。 痛身さん」

そう言い残して仕事に戻るコマルの背中をジッと見つめ、呆然としてその場に立ち尽くしている痛身であった。


(ピュ~~~)

(ゴーーーーーン!!)

(カァカァカァ)


「ウ~ム」





つづく











#1557 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/コマル鑑識係になる -その2-』 お・す・ま・ひ







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コマル

Author:コマル
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ほうもんしゃ
えつらんしゃ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる