恋愛小説ランキング

これ・↑・ポチってしてね


FC2ブログ

進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1543 『10年後』



#1543 『10年後』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2014.12.30 Tuesday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

一匹の㌧スル

一匹の支那豚(シナ㌧)

鳩山ポッポ虫先生・・・バカ  『立てば災厄 座れば害悪 知能程度は鳩ポッポ』





ある日・・・



一匹の㌧スルと一匹の支那豚(シナ㌧)が、口角泡(こうかく・あわ)を飛ばして言い合っていた。
互いの持っているハサミと包丁の自慢の仕合だった。
㌧スルが誇らしげにこう吠えた。

「ウリのハサミは一度、井戸に落ちた事があるニダー!! で!? 10年後に拾い上げた所、全然錆びてなくってス~ッと切れたニダー!! ウリの国のハサミは凄いニダー!!」

これを聞き、シナ㌧が言い返した。

「我の包丁だって一度、井戸に落とした事があるアルー!! で!? 10年後に拾い上げた所、全然錆びてなくってスパッと切れたアルー!! 我の国の包丁の方が凄いあるアルー!!」

そこをたまたま通り掛かった我らがお茶目なバカ、あの鳩山ポッポ虫先生がほざいた。

「チョッと待ちたまえ君たち。 それの一体どこが凄いと言うんだい? 斯(か)く言うワタシだって、かつて一度、井戸に落っこちて10年後に引き上げられた事があるヶど。 まだ、ほれっ、この通りピンピンしてるんだょ。 それにホレッ、アーソーコーだって、綺麗な姉(ねえ)ちゃん見ると元気良く 『パォーーーーーン!!』 しちゃうし・・・」

これに㌧スルとシナ㌧が小ばかにしたように言い返した。

「ウソ吐けニダー!! そんな訳がある訳ないニダー!!」

「その通りアルー!! 第一、10年間も井戸の中で何してたアルか~!?」

「フフフフフ。 やっぱり君たちは㌧スルにシナ㌧だけの事はある。 フフフフフ。 ワタシが何をしてたか分からんようだな。 フフフフフ」

「な、何してたニダ~?」

「な、何してたアル~?」

「決まってるだろ君たち。 フフフフフ」

「ど、どういう事ニダ~?」

「ど、どういう事アル~?」

「フフフフフ。 君たちのハサミと包丁を研いでたんだょ」

「え!?」

「え!?」

「フフフフフ」

「・・・」

「・・・」




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1543 『10年後』 お・す・ま・ひ







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コマル

Author:コマル
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ほうもんしゃ
えつらんしゃ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる