小説(その他)ランキング
小説(その他)ランキング

これ・↑・ポチってしてね


アリスのお家 『怨霊バスター・破瑠魔外道』 #26 『秀吉の不安』の巻
fc2ブログ

アリスのお家

創作お話作ってます。。。

『怨霊バスター・破瑠魔外道』 #26 『秀吉の不安』の巻

#26 『秀吉の不安』の巻




「ユックリお休みになれましたかな? 破瑠魔殿」

着替えて客間から出てきた外道に秀吉が聞いた。
秀吉と大河内はズーッとリビングにいた様だった。

「お陰さまで。 始めはあの様な豪華なベッドでは寝付けないかなとも思ったのですが、ナンのナンのとても寝心地良く、お陰でぐっすり眠れました」

「そうですか。 それは良かった」

「イャー。 それにしても素晴らしいと申しますか? 凄いと申した方が正しいか? ナンと見事な屋敷ですなぁ。 我々庶民には想像も出来ない」

「イャイャ、お恥ずかしい」

「大したもんです」

「イャイャ、何と申しましても子供の頃からの夢でしたから。 この屋敷は」

「ウ~ム。 お見事」

「有難うございます」

「ところで話は変わりますが。 先程、ナナさんと一緒にいるとみんな眠ってしまうと申されましたな?」

「はい」

「ならばココにいると眠らずに済みますかな」

「さぁ? それは分かりません」

「ん? 分からない?」

「はい。 と申しますのも、例の時間にここにいた事がございません」

「無い?」

「はい。 ワシと大河内はその時間ワシが玄関、大河内が裏口。 夫々(それぞれ)眼を光らせておりますもので。 もしナナが屋敷の外に出ようものなら大変な事になるので。 もっとも先程ご覧になられました様に井戸には警備の者を付けてはおりますが」

「そうですか。 (チョッと考えてから) 私は今夜、ここにいて様子を見るつもりです。 お二方はどうされますかな?」

「破瑠魔殿がココにいてくださるなら、我々もご一緒させて頂きます。 宜しいでしょうか?」

「もちろん」

「有難うございます。 (大河内に) オィ!! 玄関と裏口には誰か家の者を」

「畏(かしこ)まりました。 直ぐ手配致します」

「ウム」

大河内が部屋から出て行った。
それを横目で見送ってから外道の方に向き直って秀吉が聞いた。

「さて、破瑠魔殿。 そろそろお考えをお聞かせ願えませんでしょうか」

「考え? ・・・。 あぁ、考えですか」

「はい」

「考えは~・・・。 特には」

「エッ!?」

「あ!? イャイャ。 そ、そのですなぁ。 先ず例の観音様とやらを見てみない事には始まりませんので。 話はそれからです」

「そ、そうですか。 特には無いのですか・・・」

チョッピリ不安な・・・






秀吉であった。











つづく





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://00comaru.blog.fc2.com/tb.php/1903-e65b250e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

アリスのニャンコ

Author:アリスのニャンコ
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (0)
p.s. I love you (559)
アリスのお家 (111)
ショート・ショート・ショート「セピア色した白い本」 (103)
アリスのニャンコその名は“ポチ” (39)
『 Rick's Cafe Tokio 』 (19)
『奥村玄龍斎ジャー! 文句あるかー!?』 (25)
未分類 (68)
『奥様は魔女っ娘』 (34)
『ミルキー・ウェイ』 (22)
『怨霊バスター・破瑠魔外道』 (150)
妖女 (378)
君に読む愛の物語 (50)
死人帖 (211)
進撃のポチ Part1 (511)
進撃のポチ Part2 (501)
進撃のポチ Part3 (1044)
進撃のポチ Part4 (47)
たっくん家(ち) Part1 (506)
たっくん家(ち) Part2 (322)
クスッと来たら管理人の勝ち (371)
男と女 (24)
深大寺 少年の事件簿 (85)
タイタン2011 (90)

ほうもんしゃ

えつらんしゃ

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

designed by たけやん