小説(その他)ランキング
小説(その他)ランキング

これ・↑・ポチってしてね


アリスのお家 『怨霊バスター・破瑠魔外道』 #19 『井戸の中』の巻
fc2ブログ

アリスのお家

創作お話作ってます。。。

『怨霊バスター・破瑠魔外道』 #19 『井戸の中』の巻

#19 『井戸の中』の巻




「直接井戸の中を見たいのですが」

秀吉に向かって外道が言った。

「はい」

そう答え、秀吉が大河内に命じた。

「オィ!!」

軽く会釈をして大河内が鉄格子の鍵を開けた。

他の者を残して外道だけがユックリと井戸に歩み寄った。
そして慎重に、且(かつ)注意深く中を覗いた。

井戸は思ったよりも浅かった。
しかし角度の関係か、水面に照明の明かりは直接届いてはいない。
だが、
幸いその晩は雲が薄く、又、丁度切れ目に当たっていた為、月明かりが井戸内部の壁に反射してほんのりと水面を照らしていた。

その水面がきらきら輝いていた。
しかし周りの様子は暗くて良く見えない。

その時、井戸の中で、


(ガサッ!!)


何かが動いたような気がした。

瞬間、


(ブルッ!!)


外道は身震いした。
体の中を何かが突き抜けたのだ。
軽い電気ショックのような何かが。

『瘴気(しょうき)だ! それもかなり強い!!』

外道はとっさに半歩 否 一歩。
井戸から飛びのいていた。
本能的に身の危険を感じての事だった。
と、同時に秀吉の方に振り向いた。
そして言った。

「懐中電灯か何か有りませんか? 何か照らすもの。 何でもいいのですが」

秀吉はうなずき大河内にアゴで指示した。

「ただ今、取ってまいります」

そう言って、大河内が屋敷に向かって走り出した。

「どうです破瑠魔殿? 何か?」

そう言いながら秀吉が鉄格子の中に入って来ようとした。
が、
立ち止まった。
外道が入ってくるなと手で静止したからだ。

「貴方は、否、誰もココへは近付かない方が賢明です」

「やはり何か?」

「はい。 強い霊気が。 それもかなり厄介な」

「そ、そうですか。 強い霊気ですか」

秀吉の顔にはハッキリと、不安と困惑の表情が・・・






現れていた。











つづく





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://00comaru.blog.fc2.com/tb.php/1896-c7d1ca9c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

アリスのニャンコ

Author:アリスのニャンコ
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

政治 (0)
p.s. I love you (559)
アリスのお家 (111)
ショート・ショート・ショート「セピア色した白い本」 (103)
アリスのニャンコその名は“ポチ” (39)
『 Rick's Cafe Tokio 』 (19)
『奥村玄龍斎ジャー! 文句あるかー!?』 (25)
未分類 (68)
『奥様は魔女っ娘』 (34)
『ミルキー・ウェイ』 (22)
『怨霊バスター・破瑠魔外道』 (150)
妖女 (378)
君に読む愛の物語 (50)
死人帖 (211)
進撃のポチ Part1 (511)
進撃のポチ Part2 (501)
進撃のポチ Part3 (1044)
進撃のポチ Part4 (47)
たっくん家(ち) Part1 (506)
たっくん家(ち) Part2 (322)
クスッと来たら管理人の勝ち (371)
男と女 (24)
深大寺 少年の事件簿 (85)
タイタン2011 (90)

ほうもんしゃ

えつらんしゃ

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

designed by たけやん