恋愛小説ランキング

これ・↑・ポチってしてね


FC2ブログ

クスッと来たら管理人の勝ち #206 『そのクソ野郎』



#206 『そのクソ野郎』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.10.09 Sunday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





ある日・・・


メリケン大統領選の討論会でトランプとヒラリーが激しい舌戦を繰り広げていた。
そこへ、トランプの甚(はなは)だしい人種差別発言に業を煮やしたテロリストが、銃を乱射しながら飛び込んで来て叫んだ。

「そのクソ野郎をそこから引きずり下ろせー!!」


すると速攻で・・・


トランプとヒラリー。
二人とも引きずり降ろされた。

「え!?」




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~




ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#206 『そのクソ野郎』 お・す・ま・ひ







スポンサーサイト



クスッと来たら管理人の勝ち #205 『腕時計のプレゼント Scene2』



#205 『腕時計のプレゼント Scene2』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.10.08 Saturday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





その時・・・


透かさず一人のオッサンが立ち上がって叫んだ。

「だ、だ、だ、誰かー!? ワ、ワ、ワ、ワタシの家内を褒めてくれ~~~!!」

そのオッサンは何を隠そう、我らが直人(ちょくと)大先生だったのであったのであった。




かかかかか。。。




【注】


我らが直人(ちょくと)大先生とは・・・勿論、罠侵盗の重鎮であらせられる上、恐妻家で有名な日本が世界に誇る超極大政治家、あの菅直人(かん・ちょくと)大先生に他ならない




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。






「ケケケケケ!!」











#205 『腕時計のプレゼント Scene2』 お・す・ま・ひ







クスッと来たら管理人の勝ち #204 『腕時計のプレゼント Scene1』



#204 『腕時計のプレゼント Scene1』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.10.08 Saturday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





ある日・・・


某国の某大統領がメキシコを訪問した。
その日の晩さん会で、その某大統領がメキシコ大統領のはめていた腕時計を褒めまくった。
すると、何を思ったのかメキシコ大統領がその腕時計を外し、某大統領にプレゼントしようと差し出した。
某大統領は遠慮して受け取ろうとしなかったが、メキシコ大統領はその腕時計を引っ込める様子を全く見せなかった。
そしてメキシコ大統領が言った。

「我が国では、何かを褒められたらそれを差し上げるのが仕来り(しきたり)なのです」

これを聞いた某大統領が、困った顔をして横に座っていた夫人にこう囁(ささや)いた。

「君を褒められたら困るなぁ」


その時・・・




つづく







クスッと来たら管理人の勝ち #203 『大先生物語/事故+』



#203 『大先生物語/事故+』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.10.08 Saturday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

菅直人(かん・ちょくと)大先生・・・超大物政治家

たっくん・・・日本の素直な男の子  当ブログ『たっくん家(ち) http://00comaru.blog.fc2.com/blog-category-17.html 』の主人公

ヨッチャン・・・たっくんのお友達の女の子







恐妻家で有名な我らが超大物政治家、あの菅直人(かん・ちょくと)大先生。
かなり、奥様の溝子(どぶこ)夫人を恐れているらしいwww


ある日・・・


その溝子(どぶこ)夫人が事故に遭ってしまった。
知らせを受け、取るものも取りあえず病院に駆け付けた大先生に担当医が言った。

「気を確かに持って、落ち着いて聞いて下さい」

「ダ、ダメだったのか!?」

ここで担当医が大先生の手を取った。
そして目を潤ませながら大先生の両眼をジッと覗き込み、頭を左右に振りながらこう答えた。

「残念ながら奥様は・・・。 ご無事です」

「そ、そうかぁ。 ・・・。 ハァ~」

たまたまその病院に診察を受けに来ていてこのやり取りを見てしまったたっくんが、付き添いで来ていたヨッチャンにソッと耳打ちした。

「ねぇ、ヨッチャン。 何で大先生、あんなに残念そうなのかなぁ?」

「さぁ、何でかね? 分かんないね」

「うん。 分かんないね。 ヶどさ。 僕たちにはどうでもいい事だヶどね。 アハハハハ」

「うんうんうん。 どうでもいいどうでもいいどうでもいい。 アハハハハ」

「アハハハハ」

「アハハハハ」

「・・・」(大先生)




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#203 『大先生物語/事故+』 お・す・ま・ひ







クスッと来たら管理人の勝ち #202 『大先生物語/事故』



#202 『大先生物語/事故』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.10.08 Saturday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

菅直人(かん・ちょくと)大先生・・・超大物政治家







恐妻家で有名な我らが超大物政治家、あの菅直人(かん・ちょくと)大先生。
かなり、奥様の溝子(どぶこ)夫人を恐れているらしいwww


ある日・・・


その溝子(どぶこ)夫人が事故に遭ってしまった。
知らせを受け、取るものも取りあえず病院に駆け付けた大先生に担当医が言った。

「気を確かに持って、落ち着いて聞いて下さい」

「ダ、ダメだったのか!?」

ここで担当医が大先生の手を取った。
そして目を潤ませながら大先生の両眼をジッと覗き込み、頭を左右に振りながらこう答えた。

「残念ながら奥様は・・・。 ご無事です」

「そ、そうかぁ。 ・・・。 ハァ~」




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#202 『大先生物語/事故』 お・す・ま・ひ







クスッと来たら管理人の勝ち #201 『某ブラック企業+』



#201 『某ブラック企業+』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.10.07 Friday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

某ブラック企業の社長

たっくん・・・日本の素直な男の子  当ブログ『たっくん家(ち) http://00comaru.blog.fc2.com/blog-category-17.html 』の主人公

ヨッチャン・・・たっくんのお友達の女の子






詐欺まがいの経営で知られている某ブラック企業が、ある日・・・


善意からだろうか?
突然、聴力失調者を大量採用した。
これを聞き付けたマスコミが早速その企業の社長にインタビューをした。

「この度は、身障者の雇用促進に一役買われたそうですね? 善意からですか?」

この質問に胸を張り、大威張りで社長が答えた。

「勿論です!! 社会貢献なくして我が社の存在意義なし!! それがワタシのモットーですから。 かかかかか」

「ホ~。 それは素晴らしい。 で。 その方たちの配属先は?」

「決まってるじゃないかぁ、君~。 当然、クレーム受付係だょ!! かかかかか」

「・・・」

このやり取りをテレビで見ていたたっくんが、一緒に見ていたヨッチャンに言った。

「ここって“ユニ黒”かなぁ、ブラックだヶに?」

「あ!? たっくん、上手い!? 今日、冴えてんね」

「うん。 チョットね。 アハハハハ」

「うんうんうん。 チョットチョットチョット。 アハハハハ」

「アハハハハ」

「アハハハハ」




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#201 『某ブラック企業+』 お・す・ま・ひ







クスッと来たら管理人の勝ち #200 『某ブラック企業』



#200 『某ブラック企業』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.10.07 Friday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

某ブラック企業の社長







詐欺まがいの経営で知られている某ブラック企業が、ある日・・・


善意からだろうか?
突然、聴力失調者を大量採用した。
これを聞き付けたマスコミが早速その企業の社長にインタビューをした。

「この度は、身障者の雇用促進に一役買われたそうですね? 善意からですか?」

この質問に胸を張り、大威張りで社長が答えた。

「勿論です!! 社会貢献なくして我が社の存在意義なし!! それがワタシのモットーですから。 かかかかか」

「ホ~。 それは素晴らしい。 で。 その方たちの配属先は?」

「決まってるじゃないかぁ、君~。 当然、クレーム受付係だょ!! かかかかか」

「・・・」




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#200 『某ブラック企業』 お・す・ま・ひ







クスッと来たら管理人の勝ち #199 『楽しい㌧弄り/ノーベル賞』



#199 『楽しい㌧弄り/ノーベル賞』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.10.06 Thursday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





終に、シーズン到来・・・


何のか?

勿論、ノーベル症の。



かかかかか。。。



毎年この時期になると大㌧で発症する『ノーベル症』。
今年もノーベル賞は大㌧には無縁のようだ。
だからウリが大㌧に特別にノーベル賞受賞のための“秘密の知恵”を授けようと思ふ。

で!?

その秘密に知恵とは・・・日㌧国交断絶ニダ。

速やかにこれを行えばノーベル賞受賞の可能性が出て来るニダ。
それは何故ニカ?
その答えはイスラエルにあるニダ。

どういう事かと言屁ば、イスラエルがナゼ、アラブ諸国を相手に負け知らずなのかを考えれば良いニダ。
それは彼らには“秘密兵器”があるからだニダ。

そして、その秘密兵器とは・・・イスラエル人には行く先がない。即ち、イスラエルには退路がない。

これが大いなるヒントになるニダ。
つまり大㌧が真にノーベル賞が欲しければ、速攻で『日㌧国交断絶』すれば良いという大いなるヒントが。




日㌧国交断絶で大㌧の退路はシャットアウトニダーーー!!!




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#199 『楽しい㌧弄り/ノーベル賞』 お・す・ま・ひ







クスッと来たら管理人の勝ち #198 『それ行けレンコン! 電撃作戦!!/いい知らせ+』



#198 『それ行けレンコン! 電撃作戦!!/いい知らせ+』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.10.06 Thursday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

レンコン先生・・・罠侵盗現盗主  ご存じ、今最も旬な襟立オネエ  この頃、当ブログ管理人に人気急上昇中

たっくん・・・日本の素直な男の子  当ブログ『たっくん家(ち) http://00comaru.blog.fc2.com/blog-category-17.html 』の主人公

ヨッチャン・・・たっくんのお友達の女の子





ある日・・・


「レンコン先生! レンコン先生!! レンコン先生!!! レンコンせんせーーー!!!」

秘書がレンコン先生の事務所に飛び込んで来た。

「後にしてー!!」

レンコン先生が鬼の表情で怒鳴り付けた。

「で、でも、先生!! い、良い知らせが!!」

「だから後にしてー!!」

「罠侵盗の支持率が上がったんですょ!! 嬉しくないんですか!?」

「『だから後にしてー!!』って言ってるでしょうー!! 後にしてー!!」

「ホントに嬉しくないんですかぁ?」

「ぃ、ぃ、ぃ、いい加減にしろー!! ァ、ァ、ァ、アタシはウンコがしたいのょー!! キィーーー!!!」

「え!?」


(バタン!!)


すごい形相でレンコン先生がトイレに飛び込んだ。

「・・・」

このやり取りを、たまたま国会見学に来ていたたっくんが目撃してしまった。
そして一緒に来ていたヨッチャンにソッと耳打ちした。

「ねぇ、ヨッチャン。 そりゃそうだxyよね。 罠侵盗よりウンコだょね。 ククククク」

「うんうんうん。 罠侵盗よりウンコ、罠侵盗よりウンコ、罠侵盗よりウンコ。 ククククク」

「ククククク」

「ククククク」

「え!?」(レンコン先生)




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#198 『それ行けレンコン! 電撃作戦!!/いい知らせ+』 お・す・ま・ひ







クスッと来たら管理人の勝ち #197 『それ行けレンコン! 電撃作戦!!/いい知らせ』



#197 『それ行けレンコン! 電撃作戦!!/いい知らせ』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.10.05 Wednesday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

レンコン先生・・・罠侵盗現盗主  ご存じ、今最も旬な襟立オネエ  この頃、当ブログ管理人に人気急上昇中





ある日・・・


「レンコン先生! レンコン先生!! レンコン先生!!! レンコンせんせーーー!!!」

秘書がレンコン先生の事務所に飛び込んで来た。

「後にしてー!!」

レンコン先生が鬼の表情で怒鳴り付けた。

「で、でも、先生!! い、良い知らせが!!」

「だから後にしてー!!」

「罠侵盗の支持率が上がったんですょ!! 嬉しくないんですか!?」

「『だから後にしてー!!』って言ってるでしょうー!! 後にしてー!!」

「ホントに嬉しくないんですかぁ?」

「ぃ、ぃ、ぃ、いい加減にしろー!! ァ、ァ、ァ、アタシはウンコがしたいのょー!! キィーーー!!!」

「え!?」


(バタン!!)


すごい形相でレンコン先生がトイレに飛び込んだ。

「・・・」




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#197 『それ行けレンコン! 電撃作戦!!/いい知らせ』 お・す・ま・ひ







プロフィール

コマル

Author:コマル
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ほうもんしゃ
えつらんしゃ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる