恋愛小説ランキング

これ・↑・ポチってしてね


FC2ブログ

進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1974 『もし牛が㌧んだら+』



#1974 『もし牛が㌧んだら+』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.12.02 Friday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人







メリケンジョークにこんなのがある。


ある春のうららかな日・・・


ある一人のオッサンが道を歩いていると、長閑(のどか)に牛が草を頬張り、その横で小鳥が地面にいる虫を突っついていた。
それを見てオッサンは思った。

『ナゼ神は、食べ物を沢山探さなくてはならない牛に羽を与えず、地べたを這いつくばっている虫を突っつけば済む小鳥に羽を与えたのか?』

その時、そのオッサンの頭上を小鳥が飛び去った。
そして、


(ポチャ!!)


オッサンの禿げ頭にフンを落として行った。
その瞬間、オッサンは悟った。

『やはり神は偉大であった!?』



あるウリスト教の神父が神の偉大さを、このジョークを使って説教していた。
そして言い終わった直後、

「その通りニダー! 神は偉大ニダー!!」

と、その神父が神の偉大さを全力で褒(ほ)め称(たた)えていた。
たまたまその場に居合わせた当ブログ管理人・有栖川呑屋コマルは思った。

『阿保ゃなぁ、コイツ~。 昔は恐竜が飛んでたのにな』




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1974 『もし牛が㌧んだら+』 お・す・ま・ひ







スポンサーサイト



進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1973 『もし牛が㌧んだら』



#1973 『もし牛が㌧んだら』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.12.02 Friday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

オッサン





メリケンジョークにこんなのがある。


ある春のうららかな日・・・


ある一人のオッサンが道を歩いていると、長閑(のどか)に牛が草を頬張り、その横で小鳥が地面にいる虫を突っついていた。
それを見てオッサンは思った。

『ナゼ神は、食べ物を沢山探さなくてはならない牛に羽を与えず、地べたを這いつくばっている虫を突っつけば済む小鳥に羽を与えたのか?』

その時、そのオッサンの頭上を小鳥が飛び去った。
そして、


(ポチャ!!)


オッサンの禿げ頭にフンを落として行った。
その瞬間、オッサンは悟った。

『やはり神は偉大であった!?』




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1973 『もし牛が㌧んだら』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1972 『アリスが泣いてる理由(わけ)+』



#1972 『アリスが泣いてる理由(わけ)+』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.11.29 Tuesday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人

田原アリス・・・ポチの飼い主





ある日・・・


「シクシクシク・・・」

アリスが泣いていた。
丁度そこへ、アリスに呼ばれて遊びに来たコマルがその理由(わけ)を聞いた。

「どうした、アリス? 何、泣いてんだ?」

「うん。 せっかくコマルのために作ったお料理、ネコに食べられちゃったから」

「な~んだ、そんな事でかぁ。 なら、泣くこたねぇじゃん。 そのネコ死んだら、新しいの飼(か)ゃ~、いんだし」

「え!?」

そこへ、そのネコがやって来た。

「オゥ! コマル!! 随分な言いようじゃねぇか!! 勝手に俺様、殺すんじゃねぇょ」

「ん!? な~んだ、アリスの料理食ったのってポチだったのかぁ?」

「オ~ョ」

「あれ食って、オマエ、良く無事だったなぁ?」

「当(あ)ったりめぇょ!! 慣れてっから」

「お!?」

「・・・」(アリス)




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1972 『アリスが泣いてる理由(わけ)+』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1971 『アリスが泣いてる理由(わけ)』



#1971 『アリスが泣いてる理由(わけ)』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.11.28 Monday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人

田原アリス・・・ポチの飼い主





ある日・・・


「シクシクシク・・・」

アリスが泣いていた。
丁度そこへ、アリスに呼ばれて遊びに来たコマルがその理由(わけ)を聞いた。

「どうした、アリス? 何、泣いてんだ?」

「うん。 せっかくコマルのために作ったお料理、ネコに食べられちゃったから」

「な~んだ、そんな事でかぁ。 なら、泣くこたねぇじゃん。 そのネコ死んだら、新しいの飼(か)ゃ~、いんだし」

「え!?」




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1971 『アリスが泣いてる理由(わけ)』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1970 『超極上の女房①』



#1970 『超極上の女房①』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.11.28 Monday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人





当ブログ管理人・有栖川呑屋コマルはいつの間にか結婚していた。
しかも、その相手は超絶美人の上、頭がいいばかりでなく貞操堅固で気立ても良く、料理の腕前はプロも遠く及ばないほど。
つまり、才色兼備でパーフェクトなまでの世話女房だった。


ある日・・・


そんなパーフェクトな女房をもらったコマルが、ポチの所へやって来た。

「なぁ、ポチ~」

「ん? 何だぁ?」

「オイラさぁ。 今。 離婚考えてんだ」

「なーぬぃ~? 離婚~? 離婚考えてんだ! 離婚考えてんだだと~!?」

「あぁ」

「何でだ!? 何であんな金(かね)の草鞋(わらじ)履いて探してもみっかんねんぇような、いい女房と? 欠点なんて一個もねぇじゃぁねぇかぁ」

「それがな。 一個だけあんだょ」

「何だ? その一個ってなぁ?」

「あぁ。 アイツ、“超絶さげまん”なんだ」

「え!?」

「結婚してこの方、オイラの運気、下がりっぱなし。 いい事一つもなくってさぁ。 今オイラ、絶望の淵。 死にたい心境なんだ」

「・・・」




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1970 『超極上の女房①』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1969 『大㌧の乞食』



#1969 『大㌧の乞食』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.11.26 Saturday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人








ある日・・・


ポチとコマルが大㌧に旅行に行くと、道端に一匹の乞食がいた。
その乞食は缶詰の空き缶を目の前に置いていた。
それを見てポチが何を思ったか、ツカツカツカとその乞食に近寄り、500ウォンコインを缶の中に放り込んで戻って来たので、これを不審に思ったコマルが聞いた。

「オマエ、大㌧人、大っ嫌いだって言ってたじゃん?」

「オゥ!? 俺様、大㌧人、でーっきれぇだぜ」

「だったら何で500ウォンも?」

「だってょ、やっぱ可愛いじゃねぇか~。 いっくら大㌧人とは言え、まだガキは」

そう言ってポチが、その乞食の横に座っていたサルを指差した。




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1969 『大㌧の乞食』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1968 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/たっくんパパの死因 Scene3』



#1968 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/たっくんパパの死因 Scene3』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.11.24 Thursday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

痛身憲一(いたみ・けんいち)・・・当ブログ『相方』シリーズの超主役  警視庁捜査一課の熱血鬼刑事  愛称/イタミン

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人  キャリア組でありながらもその卓越した捜査能力が認められ、若くして警視庁刑事部捜査第一課長に大抜擢されている

芹沢刑事(せりざわ・けいじ)・・・痛身の子分のオマケ刑事  愛称/芹ちゃん

たっくん・・・日本の素直な男の子  当ブログ『たっくん家(ち) http://00comaru.blog.fc2.com/blog-category-17.html 』の主人公

たっくんママ

たっくんパパ





その頃・・・


別の部屋でたっくんを事情聴取していた、キャリア組でありながらいつの間にか警視庁刑事部捜査第一課長になっていた当ブログ管理人・有栖川呑屋コマルのもとに、芹ちゃんがやって来てコマルにソッと耳打ちをした。
先ほどイタミンにママが言った事を伝えに来たのだった。
それを、

「うんうん」

頷きながら聞き終えたコマルが、興味津々丸(きょうみ・しんしん・まる)の芹ちゃんが見つめる中、たっくんに声を掛けた。

「ねぇ、たっくん」

「な~に?」

「たっくんのパパってさ~。 お家じゃどういう扱い受けてたの?」

「ナンバースリーだょ」

「フ~ン」(コマル)

「・・・」(芹ちゃん)




おしまい。。。




【注】


今回のお話は、決して下記の記事を参考にしてはおりまっしぇん。
この記事が出る前に書いたから DA ピョ~~~ン。

悪しからず、、、

かかかかか。。。



蓮舫代表、夫にドSぶり発揮…夫も「僕は植物以下。家族の序列最下位」

スポーツ報知 11/18(金) 23:24配信

18日放送のTBS系「中居正広のキンスマスペシャル」(金曜・後7時56分)に民進党の蓮舫代表(48)が出演。生まれ育った東京・目黒区の豪邸をテレビ初披露した。山本匠晃アナウンサー(32)が、自宅に潜入すると、いつものホワイトスーツでなく、リラックスしたグレーのウェアで現れた。

結婚24年目になる夫の信行さんと寝室は別々。山本アナの「(夫と)一緒に寝たい時は?」に「なし」と即答。「甘えたいときは?」にも瞬時に「なし」だった。家族の中の序列は夫が最下位で、信行さんは「植物以下。(家で)すれ違う時は体をかわします」と証言した。

「結婚記念日もプロポーズの言葉も覚えていない」という蓮舫代表。一方、夫の方は「『結婚して下さい』と言ったら、『私で良ければ』と返ってきた」と話すと、「そんなのいちいち覚えていたら人生面倒くさい」と、最後までドSな姿勢を貫いていた。

【出所】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000197-sph-ent




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1968 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/たっくんパパの死因 Scene3』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1967 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/たっくんパパの死因 Scene2』



#1967 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/たっくんパパの死因 Scene2』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.11.24 Thursday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

痛身憲一(いたみ・けんいち)・・・当ブログ『相方』シリーズの超主役  警視庁捜査一課の熱血鬼刑事  愛称/イタミン

芹沢刑事(せりざわ・けいじ)・・・痛身の子分のオマケ刑事  愛称/芹ちゃん

たっくん・・・日本の素直な男の子  当ブログ『たっくん家(ち) http://00comaru.blog.fc2.com/blog-category-17.html 』の主人公

たっくんママ

たっくんパパ





遺書にはこう書かれてあった。

『会社じゃ出世の見込みがない上、家では邪魔者扱い。 ワタシはもう疲れた』

今読み上げた遺書をチラつかせながらイタミンがママに聞いた。

「どうですか~、奥さ~ん? この内容にお心当たりは、あー、りー、まー、すー、か~?」

「ないゎ!!」(キッパリ!!)

「お!?」

「そりゃま~、確かにうちの人。 会社じゃ万年平(まんねん・ひら)で出世の見込みは皆無だったみたいね。 でも、うちじゃぁ違ってわょ。 息子に聞いてもらえれば分かるわ」

「どう違ってたんですか~? 邪魔者扱いしてたんじゃ~、ないんですか~?」

「とんでもない!! 邪魔者扱いなんかする訳ないでしょ!! あの人! うちじゃぁナンバースリーのポジションだったのょ!!」

「え!?」




つづく







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1966 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/たっくんパパの死因 Scene1』



#1966 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/たっくんパパの死因 Scene1』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.11.24 Thursday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

痛身憲一(いたみ・けんいち)・・・当ブログ『相方』シリーズの超主役  警視庁捜査一課の熱血鬼刑事  愛称/イタミン

芹沢刑事(せりざわ・けいじ)・・・痛身の子分のオマケ刑事  愛称/芹ちゃん

たっくん・・・日本の素直な男の子  当ブログ『たっくん家(ち) http://00comaru.blog.fc2.com/blog-category-17.html 』の主人公

たっくんママ

たっくんパパ





ある日・・・


たっくんパパが自宅マンションの屋上から落下して死んだ。
遺書が残されていたので警察は死因を自殺と睨(にら)んだが、一応他殺の可能性も探っていた。
というのも、パパには多額の保険が掛けられていたからだった。
そのため妻であるたっくんママと一人息子のたっくんが、任意の事情聴取を受けた。
もっともたっくんはまだ幼かったので、事情聴取というほどの事ではなかったのは言うまでもない。
さて、
いよいよママの聴取が始まった。
担当刑事は我らがイタミンと子分の芹ちゃん。
いつも通りの鬼の形相をしたイタミンが厭味タ~ップリにママに聞いた。

「奥さん」

「な~に?」

「聞いてもいいかな~?」

「いいわょ。 何聞くの?」

「決まってるでしょ。 お宅のご主人の遺書の件です」

「あら、ヤダ!? うちの人、遺書なんか残してたの?」

「えぇ。 残してましたょ~、チャ~ンと~」

「フ~ン。 そぅ~? で。 何て書いてあったの?」

「それなんですけどね~」

そう言って、イタミンがパパの遺書を読み上げ始めた。




つづく







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1965 『ヤブ医者ジョーク Scene2』



#1965 『ヤブ医者ジョーク Scene2』 (ただいま、ブログお引越し中)

(コレは、“ 2016.11.19 Saturday ” に書いた物(もん)でオジャリます DEATH ハィ:コマル)





【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人





コマルが続けた。

「まぁ。 こんなひでぇ医者はいないょな」

「否! いる!!」

ポチがキッパリ否定した。

「否、いる~? そんなわきゃねぇだろ~? いくらなんでも日本にゃ~。 虫獄や大㌧ならいざ知らず」

「否!! 日本だからいるんだ!!」

「え!? 誰だ?」

「香山理科!!」(キリッ!!)

「お!?」




【注】

香山理科大先生を知っていますか?


香山理科(かやま・りか)大先生・・・言わずと知れた、今、ネットで大人気の出自の超怪しい精神科医  多分、汽(?)違い

で!?

こう言ふオバチャン ・↓・ DEATH

https://twitter.com/rkayama/status/798518612575141889




チ~~~~~ン!!!!!




ピュ~~~~~~~~~~





ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1965 『ヤブ医者ジョーク Scene2』 お・す・ま・ひ







プロフィール

コマル

Author:コマル
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ほうもんしゃ
えつらんしゃ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる