恋愛小説ランキング

これ・↑・ポチってしてね


FC2ブログ

進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1152 『とびっきりのネタ』

#1152 『とびっきりのネタ』




【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

菅直人(かん・ちょくと)大先生・・・アホ

バーテンダー





ある日・・・


議員会館近くのホテルのバーにポチが客としてやって来た。
カウンターに着き、カクテルを注文した後でバーテンダーに大声で話し掛けた。

「オゥ! オメェ!!」

「はい。 何でしょう?」

「我らがお茶目なアホ、あの菅直人(かん・ちょくと)大先生のとびっきりのネタを聞きたくねぇか?」

「シー!! お客さん。 あの奥のテーブルにご本人がいらしてらっしゃってますので、そのようなお話は・・・」

「オゥ!? そうけぇ!? ヤロー来てやがんのか?」

「は、はい」

「だったら、オメェは余計な心配しねぇでも、全然でーじょぶだぜ」

「と、申されますと?」

「ヤローにも理解出来るように、ユックリ喋(しゃべ)ってやっからだ」

「え!?」

「ヤローにも理解出来るように、ユ~ックリな」

「・・・」




ピュ~~~~~~~~~~




ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1152 『とびっきりのネタ』 お・す・ま・ひ







スポンサーサイト



進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1151 『麻雀』

#1151 『麻雀』




【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人





ある日・・・


ポチとコマルが仲良くお喋りをしていた。
コマルがポチに聞いた。

「なぁ、ポチ」

「ん!? 何だぁ?」

「オイラさぁ、今、麻雀、覚えてるトコなんだ」

「フ~ン」

「ヶどさぁ、今一(いまいち)、勘所(かんどころ)がつかめなくって。 何か勘所つかむナイスな方法ねぇかなぁ?」

「おぅ。 あるぜ」

「ホ、ホントか!?」

「おぅ。 テレビの大河ドラマだと思えばいいのょ」

「ん!? どういうこったぁ?」

「役作り」

「え!?」

「役作りが勘所だぁ」

「お!?」




ピュ~~~~~~~~~~




ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1151 『麻雀』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1150 『臓器移植』

#1150 『臓器移植』




【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

一匹の㌧スル

白人医師

ナース





ある日・・・


一匹の㌧スルがメリケンで臓器移植の手術を受ける事になった。
その㌧スルが担当の白人医師に言った。

「ウ、ウ、ウリはニガーが大っ嫌いニダー!! だから、ニガーの臓器だヶは使わないで欲しいニダー!!」


だが・・・


運命とはこんな物。
適合する臓器が黒人の物しかなかった。
そのため、担当医は㌧スルの意思に反して黒人の臓器を使った。
そして無事手術も終わり、麻酔の切れた患者にその事実を告げた。

「・・・」

手術成功の喜びもつかの間、事実を知りガックリと肩を落とす㌧スル。
その㌧スルをナースが優しく慰めた。

「でもね。 そのお陰でいい事もあったのょ」

「いい事って、どんな事ニカ?」

「もう、二度と九cm何て言われないゎょ。 オ、ホホホ」

「え!?」




ピュ~~~~~~~~~~




ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1150 『臓器移植』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1149 『脱線事故』

#1149 『脱線事故』




【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

田原アリス・・・ポチの飼い主

死神・苦竜(クリュウ)





ある朝・・・


アリスがテレビを見ていた。
アリスも朝夕の通勤に使っている倒壊道(とうかいどう)線の電車の脱線事故のニュースをやっていた。
それを見てアリスがポチを呼んだ。

「ねぇ~!? ポチ~!? 倒壊道線の電車が脱線したんだって~!?」

「え!? ホントか~!?」

そう言いながら、ポチがアリスの傍にやって来た。
そのポチにアリスがテレビ画面を指差した。

「うん。 今、ニュースでやってるょ。 ホラッ!? 6時半、有栖川駅発車の電車だって」

「お!? それって今日コマルが墓参り行くのに乗るつってた電車じゃねぇか」

「え!? ホント!?」

「あぁ、ホントだ!? コマルのヤツ、巻き込まれてねぇといいヶどな」

「うん、そうだね。 死人も出たって言ってるヶど、いまん所コマルの名前はないみたい」

「そうか~。 そいつぁ、いかったぜ。 何せコマルと来た日にゃぁ、電車乗るたんび。 決まって何か失(な)くして来やがるからなぁ、つったく。 今度も何か失くさなきゃいいがな~?」

そこへ突然死神・苦竜が現れ、ポチたちに言った。

「失くしたぞ」

「え!? 何をだ?」

ポチが聞いた。

「命だ!!」

「え!?」

「え!?」

「それをオメェらに知らせてやろうと思ってな、わざわざ来てやったんだ」

「・・・」

「・・・」




ピュ~~~~~~~~~~




ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1149 『脱線事故』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1148 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/』

#1148 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/』




【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人

痛身憲一(いたみ・けんいち)・・・当ブログ『相方』シリーズの超主役  警視庁捜査一課の熱血鬼刑事  愛称/イタミン

芹沢刑事(せりざわ・けいじ)・・・痛身の後輩のオマケ刑事  愛称/芹ちゃん

杉下卑怯(すぎした・ひきょう)・・・警視庁特命係警部

怪盗 漏(かいとう・る)・・・特命係・巡査部長  杉下卑怯(すぎした・ひきょう)の前相棒  愛称/カイト

米沢牛守(よねざわぎゅう・まもる)・・・警視庁鑑識課の超敏腕巡査部長





今・・・


巷(ちまた)では連日、
コマルの大好きなテレビドラマ 
『相棒』
で!?
大盛り上がり。。。

だから内も、
コマルのお部屋ブログ
『相方』
で!?
特盛り上がり。。。




ある日・・・


その日は、ここんトコ毎日(まいんち)のように放映されているテレビドラマ 『相方』 のある日だった。
画面の中の取調室ではいつものように鬼の形相をした当ブログ 『相方』 の超主役。
あの警視庁捜査一課の鬼刑事、痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事がいつものように凄みを利かせ、当ブログ管理人の有栖川呑屋コマルを子分の芹沢刑事(せりざわ・けいじ)刑事と共に 『殺人容疑』 で取り調べていた。
当ブログ 『相方』 脇役の警視庁特命係・杉下卑怯(すぎした・ひきょう)警部や同じく特命係・怪盗 漏(かいとう・る)巡査部長、警視庁鑑識課の米沢牛守(よねざわぎゅう・まもる)巡査部長の3人がマジックミラー越しに見守る中、痛身刑事が両手で一発、

「バン!!」

激しく机を叩き、怒鳴り付けるようにしてコマルを尋問した。

「オィ! 貴様ー!! 何であの女を殺したー!?」

「殺してくれって言われたから」

「なっ、なっ、な~にー!? こっ、こっ、殺してくれって言われたー!? こっ、こっ、殺してくれって言われただとー!?」

「ん!?」

「ど、どういう事だー!? く、詳しく話してみろー!!」

「うん。 あの日ね。 アイツと湖でデートしてたんょ、ボートん乗ってさ。 したらアイツ。 『ね~、ア、ナ、タ』 ってすり寄って来たんょ、色っぺぇ声出して。 急に。 ボートの上で」

「それで!?」

「うん。 でね。 『ここならだ~れも見てないから。 何しても分かんないゎょ。 ウフッ』 って言うんょ」

「それで!?」

「うん。 最初、オイラ、そんな気ぜ~ぜんなかったんだヶどね、アイツの事好きだったから。 でもさ。 アイツがさ」

「だからアイツがどしたんだ!?」

「うん。 『アタシ、覚悟は出来てるから』 っていうから」

「え!?」

「そんで」

「・・・」

「・・・」

「ウ~ム」




ピュ~~~~~~~~~~




ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1148 『 The 痛身憲一(いたみ・けんいち)刑事/』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1147 『生ゴミ』

#1147 『生ゴミ』




【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人







ある日・・・


ポチとコマルが仲良く南㌧スルを旅行していた。
クソウル市街を歩いていた。
すると一台の嗅ぐに耐えない悪臭を放つトラックとすれ違った。
それを指差してコマルが言った。

「へ~。 ㌧スルの生ゴミ回収車って普通のトラックなんだな」

「みてぇだな」

すると、そのトラックがクソウルにあるゴッテ・ホテルの裏に着けた。
降りて来た運転手とその助手が手際良く、荷台に積んであったポチ達が生ゴミと思った物をホテル内に運び込んだ。


それは・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・キムチと㌧スルだった。




ピュ~~~~~~~~~~




ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1147 『生ゴミ』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1146 『金持ち』

#1146 『金持ち』




【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

田原アリス・・・ポチの飼い主





ある日・・・


ポチとアリスが仲良くお喋りをしていた。
アリスがぼやいた。

「女優の伊東美咲(いとう・びさく)って羨ましいょね。 あ~んなハンサムな大金持ちと結婚出来てさぁ。 歳はチョッと行(い)っちゃってるヶど」

「フ~ン。 そうかぁ?」

「うん。 そうだょ」

「なら、怪菜(あやな)はもっと羨ましいんじゃねぇのか。 あんな金持ち芸人の加藤御茶(かとう・おちゃ)と結婚出来たんだからよ~」

「でも、噂じゃぁ、な~んか不満タラタラらしいょ」

「へ~? そうなんか?」

「うん。 な~んかね。 毎日毎日(まいんち・まいんち)ぼやいてるんだって」

「何て?」

「中々くたばんないって」

「お!?」




ピュ~~~~~~~~~~




ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1146 『金持ち』 お・す・ま・ひ








進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1145 『ビートルズ』

#1145 『ビートルズ』




【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人





死んだマイケル・ジャクソンが生前、盛んに自分を含めてビートルズの再結成を促していたらしい。
しかし、その夢もマイケルの死と同時に消え去った。


ある日・・・


ポチとコマルが仲良くお喋りをしていた。
コマルが言った。

「なぁ、ポチ」

「ん!?」

「マイケル・ジャクソンってさぁ、ビートルズの再結成を提案してたらしいの知ってたか?」

「おぅ。 聞いた事ならある」

「フ~ン。 でもょ~。 マイケル死んじまったから、その話もオジャンだな」

「再結成の話か?」

「あぁ」

「だったら、まだ望みはあんぞ」

「え!? まだある?」

「おぅ」

「だって、ジョンとジョージと二人も死んじまったじゃねぇか。 それにマイケルも。 だからもうムリだろ~。


つー、まー、りー、・・・


『無理ーーー!! 無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無
理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理ーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!』


だろ~。 元のメンバー集まんの絶望じゃん」

「だから、ポールとリンゴが死にゃいいんだ」

「お!?」




ピュ~~~~~~~~~~




ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ




メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1145 『ビートルズ』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1144 『地価』

#1144 『地価』




【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人







ある日・・・


ポチとコマルが仲良くお喋りをしていた。
コマルが言った。

「地価ってょ~。 昔は年々上がってったヶど、ここ数年は年々下がっちまってるな」

「人間の世界じゃそれが普通なんじゃねぇのか」

「ん!? どういうこったぁ?」

「アリス見てみろ。 年々、結婚相手の条件が下がってらぁ」

「お!?」


その時・・・


どこからともなく、

「ァ、ァ、ァ、アタシの悪口を言うなーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」

そう叫ぶ、我らが華麗なる化け物、あの田島陽子(だじま・ようこ)大権現の声が聞こえたような気がした。




【注】

田島陽子(だじま・ようこ)大権現・・・プサヨ  元どっかの大学教授らしい  頭のオカシイ見たぶり軽~く80オーバーの婚活女  1941年4月6日生まれ




ピュ~~~~~~~~~~




ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1144 『地価』 お・す・ま・ひ







進撃のポチ( Counter-attack of POCUI ) #1143 『聖火』

#1143 『聖火』




【登場人物】

ポチ・・・アリスのお家の人間の言葉を喋(しゃべ)る超・高ビーな天才ニャンコ

有栖川呑屋コマル・・・当ブログ管理人

鳩山ポッポ虫先生・・・バカ  『立てば災厄 座れば害悪 知能程度は鳩ポッポ』





ある日・・・


ナゼかポチがオリンピックの特別委員に就任する事になった。
これまたナゼか我らがお茶目なバカ、あの鳩山ポッポ虫先生が聖火ランナーを務める事も決まった。
これを受け、ポチがポッポ虫先生を指導する事になった。
ポチが虫先生に厳しく言い聞かせた。

「オゥ! ポッポ!! いいか、ぜってー沿道にいるヤツらを見るんじゃねぇぞ!! オメェはバカの上に目立ちたがり屋だからな」

「え!? 何でですか?」

「余計な事は聞くな!! オメェは言われた通りにすりゃ、いんだ!!」

「は、はい。 分かりました」

「ウム」

ポチの指導はこれだけだった。
これを横で見ていたコマルがポチに聞いた。

「なぁ、ポチ。 さっきのあれはどういう事だ~? 沿道にいるヤツらを見るなってぇのは?」

「知りてぇか?」

「うん」

「なら、逆に聞く。 ポッポの持って走ってる聖火を落とすにゃ、どしたらいい?」

「そりゃ、オマエ!! ポッポに向かって両手振ってやりゃいいんじゃねぇのか?」

「だからだ」

「お!?」




ピュ~~~~~~~~~~




ピーピー ヒャララ ピー ヒャララ~

ドドンガ ドーーーン

チャカチャンチャン チャカチャカチャンチャン

ゴ~~~ン

カァカァカァ





メデタシメデタシ。。。





「ケケケケケ!!」











#1143 『聖火』 お・す・ま・ひ







プロフィール

コマル

Author:コマル
ジョーク大好き お話作んの大好き な!? 銀河系宇宙の外れ、太陽系第三番惑星『地球』 の!? 住人 death 。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ほうもんしゃ
えつらんしゃ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる